項目を診断

保険料を安くするだけではない

生命保険は加入した後も適宜見直しが必要です。保険見直しを行う場合、多くの方が支払っている保険料に目を向けがちです。確かに、健康なうちは加入意義を見失いがちな生命保険ですが、転ばぬ先の杖としては欠かせません。より最新の治療を受けるための治療費の足しになることもありますし、働けなくなった場合の生活費の足しにすることもできるからです。そのため、保険料を安くすることに偏った保険見直しでは、万が一の際に満足のいく保障が受けられなくなるのです。一般的に保険見直しは結婚や出産を機に行う方が多いです。さらに、30代・40代と年齢に応じた保障内容の検討も必要です。年齢とともにリスクの上がる疾患もあるからです。そのため、保険見直しの際は一つ一つの項目ごとに細かく見ていく視点も重要となります。

専門家を活用する方法について

保険見直しを行う場合、今加入している保険の担当者に連絡をするという方法や今のものは解約して新たに加入先を検討するという方法をとる方も多いですが、最近ではより便利な方法があります。それが保険相談窓口です。近年、複数社の保険商品を取り扱う保険相談窓口が増えています。複数社の商品を同時に比較検討できるだけでなく、中立的な立場での意見を聞くことができるのも大きなメリットです。スタッフは保険のことを熟知した人間ですし、中にはファイナンシャルプランナーの有資格者もいるため、人生プランに応じた経済的な側面からのアドバイスを得ることもできます。こうした相談窓口は保険見直しのために利用することももちろん可能です。現状ですでに保証が十分であるという場合でも相談は無料で受け付けてもらえます。